情報共有で整体の事故を未然に防ぐ。整体師安全マニュアル。

整体師の安全管理

全国から寄せられた整体事故の生々しいエピソードを元に、

安全な整体のために行った対策の数々をご紹介しています。情報を共有して事故を未然に防ぎましょう。

骨盤力・整体スクール

どんな時に事故が起こるのでしょうか?

  • 寝不足、疲労など自己管理が出来てない
  • 俺は大丈夫だ!と天狗になり、重要なサインを見逃している(独り善がりな施術)
  • 整理整頓が出来てない
  • 無理な施術、時間のかけ過ぎなど技術が未熟
  • 安全に対しての認識不足
  • 診断が判ってなく適当に施術している
  • 責任者不在の治療院経営を行っている、Etc、、、

 

安全の為に行なった具体策は以下の通りです。

  • 自分の行動、施術基準を作って目立つ場所で顧客には見えないところに張った。
  • 過去に起こした事故、失敗事例について思い出せる全てを文章にして保存した。
  • インターネットで事故例、悪徳商法、警察の事件ファイル、企業告発などの情報を職業のジャンルを問わず収集するようにした。
  • カルテにはより具体的に細かく施術した事を書き、データーベース化した。
  • 人体の急所の構造を解剖学の本で勉強し直し、壊れる構造と原理を確認した。
  • 前に務めていた会社の安全管理プログラムを入手して再度読み直した。
  • ゆとりをもったスケジュールを組むようにした。
  • 自己管理で夜更かし、飲みすぎの2点は乱れていたので改心した。 (つもり)
  • 毎月の目標を立て、安全第一が目標1にした、今も継続中です。
  • 神棚を作って毎日手を合わせるようにした。.手作り。
  • 神主様にお払いをしてもらった、(ついでに商売繁盛のお払いも、、、)

これらの事半年程かけて少しずつ取り組みました、その結果事故はもとより、失敗、冷っとした事が激減しました。

レッスンプログラム

チーム127に質問する